/var/log/seiji

13 Jul 2008

iPod touchでiPhone 2.0 Software Update

iPhoneは未だ買ってませんし、どこ行っても完売のところが多いですね。。まぁ並ばずに買おうとしているので当然でありますけど。さて、iPhone 2.0 Software Updateできました。iPhone Application楽しすぎですね。いくつか入れてみました。


アップル - iPod touch - What’s New-1.jpg
http://www.apple.com/jp/ipodtouch/whatsnew.html

iPhone 2.0 Software Update

iPhone 2.0 Software Update for iPod touchは有料なのです。購入してUPDATEする必要があります。すごく時間がかかりました。
IMG_0004.PNG
はい、純正に戻りました。JailBreakしてたものが全て使えなくなっています。 正直、オフラインで使える辞書"WeDict"だけは残して欲しかったのですが、英英辞典として使えるのは貴重でした。AppStoreに似たようなものがあれば良いのですけど。

適当に人気がありそうなのをAppStoreからchoiceして入れてみます。
IMG_0005.PNG

  • Evernote
  • Light
  • NetNewsWire
  • Remote
  • WeatherBug
  • 駅探エクスプレス

特にRemoteと駅探エクスプレスはすごく良いです。オンライン前提ですけどね。我が家ではAirMacExpressで無線環境を構築してるのでRemoteは特に良いアプリです。これが無料とは素晴らしいです。

Remote

RemoteとはiPhone及びiPod Touchで同じLAN内のPCのiTunesライブラリを遠隔操作できるものです。要はリモコン代わりになるわけです。AirMacExpressもあればAirTunesとあわせて使用できるようになるわけです。

iPod Touch側の設定

まず、Appstoreでアプリケーションを購入後(Remoteは無料)、iPod Touchと同期させます。同期後iPod TouchからRemoteを起動すると下のような画面が出てきます。
IMG_0002.PNG

次にライブラリを追加をクリックすると下のような画面がでてきます。
IMG_0003.PNG
このパスコードでPCのiTunesと認証をとるわけですね。

PC側(iTunes)の設定

iTunes側でパスコードを要求されるので先ほどのパスコードを入力します、
iTunes-5.jpg
これで設定は終了です。

PC側(iTunes)
iTunes-6.jpg
iPod Touch側
IMG_0006.PNG

これでiTunesを遠隔操作できるようになりました。楽しいですね。 ちなみに今回iPod Touchで撮ったスクリーンショットをMacBookにどうやって転送しようかで悩みました。メールを送るでは面倒ですしね。。答えは"iTunesとの同期後にiPhotoを開いて読み込む"というものでした。iPhoto6でも動作します。

Comments

comments powered by Disqus